自己PRで好感度をアゲアゲ!

自己PRする時は、その会社が求めている物を見極めることです。

自己PRとは、その企業にとって自分がどんな存在になれるのか、どう利益をもたらすのかを売り込む事です。

何をどう表現すれば良いか分からない方も多いと思います。

企業からすると書類や面接などの少ない情報で、希望者がどういった人物で、企業が求めている人物か、利益をもたらしてくれる人物かを判断しなければなりません。

人事担当に上手く自己PRができると、多数の応募者の中で自分という存在を強く印象付ける事ができます。

まず自分の長所、短所を抜き出して自己分析する所から始めてみましょう。長所の中でも特に、その企業にアピールできそうな物や他の希望者と差を付けられるような特技や特徴をまとめ、それを一番最初に伝える事で採用担当が興味を持ちやすくなります。

また、長所は当然ですが短所であっても表現を変えて良い捉え方にすると、逆に長所としてアピールする事ができます。

たとえば、人見知りをするという方でも「対人関係において慎重で、相手を深く知る事によって信頼を強めていく事ができます」、と表現すると欠点を補って売り込む事ができます。

自分のアピールすべきポイントが掴めたら、それらが今までの経験の中で、どのように役に立ったのかを具体的な案件を例に出し、答えられるようにしておきましょう。

つまりこれまで体験した事柄で何を学び、どんな事を感じ、それによって自分が何を得たのか、どう成長する事ができたのかを話せるように纏めておくという事です。そしてそれが希望の企業にとって良い効果に繋がるという、関連性を持たせておくと良いでしょう。

履歴書やエントリーシートの書き方が分からないからといって、本やWebなどの例文をそのまま書き写すのは控えた方が良いでしょう。

対策本やWebに載っているマニュアル通りに答えても、何人もの希望者を見てきた面接官には、しょせん付け焼刃という事が分かります。

なぜならそれは借り物の言葉であって、内容を深く捉えず、表面を上滑りしているだけに過ぎないからです。マニュアルを参考にするのは有りですが、一度取り込んで自分の考えと照らし合わせ、吟味して、しっかりと自分の意見にしてから答えるという事が大事でしょう。

対面で自己PRをお願いされる場合もあるかと思います。緊張するでしょうが、その場合は素直にそれを出してみても良いかもしれません。

やたらと慣れ過ぎていて、生意気な印象を持たれたり味気ない印象を持たれるよりも、多少詰まる事があっても真剣に企業や仕事に向き合うという姿勢を見せる方が、却って良いアピールになるのではないでしょうか。

自分を客観的に分析し、真摯な態度を持っていかに良い商品かを企業に売り込んでいく事が大切だと思います。

メニュー

Copyright(C) 2017 自己PRで好感度をアゲアゲ! All Rights Reserved.